原チャリで自由気ままな発進にはまってます

息子が大学生時代に乗っていた原チャリが少し我家に放置したとおりとなっていたので、廃車にするのももったいないと願い、近くのホームセンターでヘルメットを購入し気象の良い日に出かけてみました。
最初の頃は久方振りの原チャリの移動なので、近所のコンビニなど余裕程度の隔たりで乗っていましたが、ゆったり慣れてきたので少々遠出をしてみました。車の移動では思えるタイミングの乏しい新鮮な雰囲気を正面から浴びながらのキロは、とてもさわやかで気持ちが良いことに驚きました。
以来、快晴土日は行先も別に決めず、今日は南のヒューマンとか隣席街まで心がけるかとか自由気ままなプチツーリングを楽しんでいます。
車とは進度が違うのと、その分限界が広くなるせいか、「あんなとこにラーメン屋さんが出来たんだ」とか「こんな流れあったかな」とか、出掛けるたびに新しい発見があってどうしても興味深いですよ。
マミーには「若々しくないんだから、過信して不幸にあわないようにね」とたえず注意されていますが、これまでで一日の最長走行距離は誠に120kmだ(笑)。
これからも、不幸には心がけながら、原チャリの旅を満喫していきたいと思います。エピレ 19部位